グラナディラの木片の画像

グラナディラ:Granadilla

原産地:アフリカ
マメ科
比重:約1.2
グラナディラの木目の画像
  • 中南米の「リグナムバイタ」と並んで世界で最も硬い木材のひとつ。表面は極めて硬く、その切断や加工には金属加工用が必要なほどである。
  • 「曲げヤング率」、「曲げ強さ」は「リグナムバイタ」より優れている。比重が非常に大きく、完全乾燥の状態で水(比重1.0)に沈む。木肌はやや紫色を帯びた黒色で、磨くと深みのある美しい艶が出る。
  • いったん乾燥すると水分をほとんど吸わず、木管楽器に使用した場合、吐く息の水分による膨張がなく、長時間の演奏でも音色が変わらない。クラリネットやオーボエなどの木管楽器の管体の素材で最高とされる。
グラナディラを使用したオーボエの画像
「グラナディラ」を使用したオーボエ
 
グラナディラの板を抱えている画像

グラナディラの板材です。ずっしりと重くこれだけで25㎏以上あります。一見すると「コクタン」によく似ているので、
「アフリカ黒檀」の名で流通していますが、種類は「ローズウッド:紫檀」の仲間で、コクタンよりやや紫色がかっています。